液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切

地盤の重要性

女の人

建物を建てる際には、その場所の状態が重要になる。特に沿岸部などで埋め立て地である場合、液状化対策が欠かすことができない。液状化対策を行う場合には、事前のポーリング調査などを行ない調査した上での対策検討が必要である。

詳しく見る

男の人と女の人

大地震に強い住宅とは

地震大国である日本で生活する上で怖いのが、建物の倒壊よりも液状化現象です。倒壊は建て直したり補修すれば良いのですが、地盤が液状化することで自宅が傾くなどして生活することが困難になるからです。そのため、液状化対策のための建築工法による住宅建築を行うことが必要なのです。

詳しく見る

工事

液状化が発生する仕組み

軟弱砂層の地盤の場合には、地震によって砂粒子の結合が崩れると、砂粒子が下層に沈下し、水が上層部に浮き上がる液状化現象が発生します。液状化対策を行わなければ住宅が沈下して大きな被害が発生しますので、しっかりとした対策を検討する必要があります。

詳しく見る

重機

大地震に備えて

大地震が発生し液状化現象によって家が傾くなどした場合、地盤改良費用だけでも数百万の費用が必要になり、そのうえ建物の修理費用もかかります。このため、あらかじめ液状化対策を行っておく事で、被害金額を最小限に抑える事が可能です。専門業者のホームページでは、費用や工法などの説明が詳しく記載されています。

詳しく見る

メンズ

土地や地盤に対する心構え

地震に備えて、住んでいる土地地盤の液状化に対する可能性を知る事や、その対策を行う事はとても重要です。液状化対策には土地そのものに対するものと建物に対するものとがあるので、最適なものを選びます。自治体によっては助成金も用意されています。

詳しく見る

土地の状態を把握する

ヘルメット

埋め立て地は注意

液状化は、同じ種類の砂や大きさの砂が地下水などの水で満たされている所で発生しやすいと思われています。このような場所では砂の粒子が繋がって、その間に水が入っています。地震などの振動が繰り返されることで地下水の圧力が高まり、砂の粒子の繋がりが壊れ、水に浮く状態になります。このような状態になれば重い建物などが沈んでしまったり傾いてしまうことがあります。地盤が液状化すると基礎工事の浅い木造住宅などでは影響を受けやすくなり、住居として使えなくなったり修復工事で長期間使えなくなったりすることがあります。日本のような地震の多いくにでは災害はいつ起きてもおかしくはありません。日頃から液状化対策をしておくことが必要かもしれません。液状化対策をするには、建物がある地盤を知る事が重要です。土地の成り立ちや昔の地形図、行政などの液状化予想図などを参考にすることもできます。住んでいる場所が液状化の可能性があったら液状化対策の必要があるかもしれません。建物の被害を最小限に抑える対策や被害にあった場合の備えを考えましょう。事前の対策としては、地盤の改良や建物の基礎を改良する工法があります。また、被害に会った場合でも傾斜を直す工法や状態を元に戻す工法もあります。特に、沼などの埋め立て地や水分の多い土地などに住んでいる場合は、液状化対策は必要であると思います。行政機関によっては、相談窓口や地質資料なども閲覧ができるので聞いてみる事も良いかもしれません。

Copyright© 2017 液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切 All Rights Reserved.