液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切

液状化が発生する仕組み

工事

液状化が起きた時の対策

一般的に地盤は土や砂、水、空気などが均衡に混ざり合って構成されています。軟弱砂層のように、砂などが緩く積もった地盤の場合には、砂の粒子がお互いにくっついて、その間に水がある状態ですので、地盤の強度は弱くて壊れやすい状態にあります。そこに地震で大きな揺れが発生すると、砂の粒子は下層にたまって密になっていき、砂粒子間に合った水は上部に逃げ出していきます。その結果、液状化と言われる現象が発生するのです。液状化が発生すると建物のように重たいものは沈んでいきますし、マンホールのような軽いものは浮かび上がってきます。大震災でも多くみられた現象で、道路が陥没したり建物が傾いたりしました。液状化対策は決して不可能なものではありません。住宅建築前であれば、しっかりとした地盤調査を行い、基礎の下に柱状の改良体を作る柱状改良工法やセメント系固化材を地盤の土と混合攪拌して面的に地盤改良を行う表層改良工法などの対応をすれば液状化対策をすることができます。住宅建築後であっても、建物下の地盤に層状のモルタルを注入して、地盤を圧縮して密度を増大し液状化を防止する圧入締固め工法や薬液注入等で地盤を固化することで建物の沈下を防ぐ薬液注入工法などで液状化対策を図ることができます。地震が起きてから対策を考えても遅いので、あらかじめ液状化対策を検討しておくことが大切です。住宅に安心して住むためには、しっかりとした地盤を作っておく必要があるのです。

Copyright© 2017 液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切 All Rights Reserved.