液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切

土地や地盤に対する心構え

メンズ

建物が沈むその前に

自分の住んでいる土地が埋め立て地だったり、堆積年数の新しい場所だった場合、大きな地震が発生した時恐ろしいのが、土地の液状化現象です。液状化現象とは、砂質の割合が高く、地下水を多く含んだ地盤が地震の際の振動でバランスを崩し、土砂と水とが分離した結果、地盤が液体のようになる事を言います。液状化が起こった地盤に立っていた建造物は、自身の重量により地面に沈み傾いたり、倒れたりする危険性があります。だからこそ大きな地震に見舞われる前に、土地の液状化に対する対策が重要になります。液状化対策をするにあたってはまず、その土地が液状化する可能性の有無を調べねばなりません。自治体によっては土地の履歴やハザードマップを公開している所もあるので、役所に尋ねてみると良いでしょう。建造物を作る際、独自に地質調査を行っている所もあります。土地の液状化の可能性が高い、と判明した場合、液状化対策を施す事になります。液状化対策には液状化そのものの発生を抑える、地盤に対する対策と、液状化自体は許容し建物への被害を抑える為に、建物の基礎や地下の杭へと対策を行う方法とがあります。地盤対策には、土地そのものを固化させたり原因になる地下水を抜いたり、土砂の追加で横方向への圧縮を行う、地中に格子状の壁を築き地震の振動を抑える、などの方法があります。建物の基礎には底面を広げ、荷重を分散させ沈ませないようにする工法、地下の杭は強化や増強などの工法があります。これらの中から最適なものを選びましょう。またこのような液状化対策は、自治体によっては助成金が出る場合もあるので、そちらも併せて調べておくと良いでしょう。

Copyright© 2017 液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切 All Rights Reserved.