液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切

大地震に強い住宅とは

男の人と女の人

地盤と建築工法対策

いまだ記憶に新しい東日本大震災ですが、震災地の東北地方は勿論のこと、関東地方でも建物の倒壊や液状化現象など多くの被害が発生したことを覚えておられると思います。今後関東でも大規模な震災に見舞われる可能性は極めて高いので、そのための対策も講じておく必要があります。地震による被害で最も深刻なのが、液状化です。地震により倒壊したら、また新たに建てたり補修すれば良いのですが、液状化は地盤が泥沼化するので住宅が傾き、その中での生活が困難になるので、立ち退きを与儀なくされることになります。私たちが生活する上で、大地震による液状化現象に巻き込まれないためには、液状化しない地盤で生活しないことです。液状化しやすい場所とは、海や沼など水源が近くにあるようなところです。東日本大震災でも、湾岸の埋立地が液状化の被害を受けたことからも分かるように、被害を受けやすいのです。住宅の立地を検討されるのであれば、その点を考慮しておく必要があります。また、住宅を建築する段階において、建築工法により液状化対策を行う方法もあります。地盤が軟弱な場合でも有効な液状化対策として用いられるのが、杭です。住宅に固定した杭を地下奥深くにある固い地盤まで届かせることで、地震が起きて地層が決壊しても住宅が傾かずに済むのです。また、軟弱な地盤の上にクッション性を持つ基礎を儲ける建築工法による液状化対策もあります。こちらは杭に比べて工賃が安くなるようで、多くの住宅建築で活用されています。その他にも液状化対策の工法はありますので、これから住宅を建てようと検討されている方は、色々と調べておくと良いでしょう。大地震に備えておくためにも、建築の段階において液状化対策を施すことが必要なのです。

Copyright© 2017 液状化対策を行なおう|土地の状況を知ることが大切 All Rights Reserved.